ラモ肉屋

ラモの肉の屋

🌈Over the Rainbow🌈の感想

今更なんですが「ラブライブ!サンシャイン‼ The School Idol Movie Over the Rainbow」の感想を書こうと思います!

一応公開初日に観に行ってたんですがネタバレ気にして1ヶ月くらいは待つかと思っていたらあっという間に2月。はよ書かねばと思った次第でございます。ちなみに既に3回観てます。ではGO!

 

f:id:everyjirou:20190212221713j:image

これは観た直後にまとめたメモです。フォトセッションなるものがあってこの時間だけは写真撮影オッケーでした。スマホ電源切ってカバンに入れてたから慌てて出したよ。
f:id:everyjirou:20190212222020j:image

f:id:everyjirou:20190212222054j:image

f:id:everyjirou:20190212222118j:image

SNSやブログで是非共有してくれとのことなので貼ります。チカまるルビィ…。今週多分ダイヤ様なので観にいきて〜。時間取れるかしら。

これが終わると次に諸注意の案内。まあケータイの電源切れとか撮影するなとかそういうやつですね。ダイヤ様の「犯罪ですわよ!」とヨハネが非常時の避難の案内をしていたのがちょっと良いなと思いました。

 

さて、そろそろ内容へ…。まずこの映画、問題が多すぎる!!!あ、これは作品を非難しているという意味合いではなくAqoursを取り巻く問題が起きすぎている、という意味です。6人になったAqoursのこととか行方不明者の3年生とかマリーの縁談とかSaint Snowとか!まあでも一貫したテーマみたいなものは感じ取れましたね。「人がいなくなったりモノがなくなったりしても、心にはずっとあるんだよ」的なことでしょう。てかこれあれじゃん、グレンラガンじゃん。

「アニキは死んだ!もういない!だけど!俺の背中に!この胸に!ひとつになって生き続けるッ!!!」

ってことじゃん。こういうの大好きなんです。確か聖良さんが理亞ちゃんに「追いかけなくて良いんです」って言ったシーンでこれめちゃくちゃ思ったんだよな。俺は俺だ!

 

あとやはりラブライブらしく、曲が急に始まるミュージカルチックな演出が素晴らしい。映画だからってのもあるだろうけど作画凄かったっすね。個人的お気に入りは3年生曲『逃走迷走メビウスループ』とイタリアで歌った『Hop? Stop? Nonstop!』とSaint Snowの『Believe again』ですね。

3年生曲はこの溢れ出るG線上感がたまらない。これはもうあれですよ、G線上のシンデレラ第二章ですよ。あと黒澤ダイヤが素敵すぎる。

イタリア曲はポップで弾けるようなナンバー。黒澤ダイヤの「デキナカッタコトガデキタリー」がとても可愛らしいですね。黒澤ダイヤ様に可愛いという表現を使うのは恐れ多いですが…。

Saint Snow曲これ何!?かっこよすぎるんだが!曲もそうだが映像が抜群に良い。あの聖良さんと理亞ちゃんの目元だけカットインみたいな感じで映ってぬる〜っとスライドしていくところ(伝われ)本当に好きすぎる。あとちゃんとSaint Snowにもスポット当ててくれて本当に良かったです。3年生がいなくなる苦悩ってのはAqoursだけじゃなく理亞ちゃんも感じるものですもんね。そこに触れなかったら不自然だよなあ。

 

Aqoursは劇場版もやったし東京ドームライブもやったしなんとなく終わりに向かっていってるのかな〜という思いがあったりなかったりですが、少なくともこの映画に関しては全ッ然「終わり」というものは感じませんでしたね。むしろ新たな始まりとさえ言えるような、そんな感じですよ。

まあ5thライブもあるし4thシングルもあるしAqoursはまだまだ続いていくのでね、無理しない範囲で追いかけていければと思います。

 

そうだ、ちょっと脱線するけど総選挙はどうなるだろうか。映画の内容を受けての選挙だからな〜。この映画では1年生組の成長も見られたし2年生組の安定感も素晴らしかったし、松浦果南のダンスとリズム感、小原鞠莉の圧倒的歌唱力、黒澤ダイヤの存在感と華やかさが存分に見られたからな〜〜〜!

たしか最後の中間発表ではヨハネまるルビィがワンツースリーだったと思うんだけど、俺は黒澤ダイヤの驚異的追い上げに希望を感じてます。ダイヤ様がセンターで舞う姿が見たいよ。

 

まあだらだらと書いてしまいましたがこんな感じですかね。素晴らしい映画だったと思います。また観たいけど“映画”という特別な体験をそんな何度もしていいのかという気持ちもあるし映画館で観れるのは今だけなんだから今のうちに…!という気持ちもある。まあそこはうまい具合に折り合いつけてやっていきますかね〜。

 

では!

 

 

 

おわり

2018年個人的ゲーム総論

2018年、終わりますね。皆さまにとって2018年はどんな年になりましたでしょうか。個人的には今年はゲーム大当たりの1年。やるゲームやるゲームがぜ〜〜〜んぶ面白かった。ってことで2018年最後のブログは個人的ゲーム総論。今年やってオモシロだったゲームについてつらつらと書いていきます。今年発売じゃないゲームもたくさんあるけど許してね。

 

スプラトゥーン2f:id:everyjirou:20181226130714j:image

まずはコレ。厳密に言えば買ったのは2017年の暮れなんだけど2018年もず〜〜〜〜っとやってたのでまあエエやろ!やっぱりバレデコがナンバーワンだったんだけどクーゲルが来たあたりで使えるブキが増えてモチベガン上がりした。念願のウデマエXにもなれて嬉しかったぜ(ガチエリアだけだけど)。発売して1年以上経ってるのにアプデがまだあったり新要素追加されたりゲームイベントがあったりする謎のゲーム。下手したら来年の今頃まで「おもれ〜〜〜!」って言いながらプレイしてるかもな。

 

アマガミ

f:id:everyjirou:20181226131252j:image

今年の1月頃始めて5月くらいまでプレイしたゲーム。棚町薫俺の嫁。このブログにプレイ日記も残してあるのでどうぞ見てやってください。

「恋愛シュミレーションゲームやりたいな〜」と思って始めたアマガミですがいつの間にか本当の恋愛になってました。プレイ日記を書きつつのプレイだったのでじっくり楽しめました。記憶にもキョーレツに残ってるしね。全ヒロインのBESTエンディングは観たんですがGOODエンドは観てない子もいたり…。BADエンドに至っては誰のも観ていません。全部観るのが真のアマガミストという話もありますが、あの子たちを悲しませるのはちょっと…という気持ちがある。あの子たちは生きてるんだぞ!ゲームじゃないだよアマガミは!!!!(?)

俺のゲームに対する最高評価は「記憶を消してもう一回プレイしたいゲーム」なんだけどアマガミに対しては「記憶を消してもう一回プレイしたいけどあの子との記憶が消えてしまうのは嫌なゲーム」という新しい謎評価が生まれました。

 

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド

f:id:everyjirou:20181226132501j:image

夏頃プレイしたコレ。なんでもできすぎてワロタゲームでした。プレイヤーがコレしたいな〜と思ったらすぐにできちゃうのがすごい。ストーリーも良くて、だんだんリンクが記憶を取り戻していくのが感情移入できて好きでした。でもそんなの全部無視してラスボス挑むこともできるらしい。アホかい。

正直Nintendo Switch持ってるのにブレスオブザワイルドやってない人いると「なんで!?!?!?」という気持ちになる。やればわかる、必修科目ですよこれは。

UNDERTALE
f:id:everyjirou:20181230095639j:image

実はこれもプレイしてました。Switch版が出てすぐやりました。これはアレですね…、何も語れないというかなんというか。ネタバレしちゃうとチョット…って感じのゲームなのでふんわりとした語りしかできない。

一応全部のルートをやりました。N→P→Gの順でプレイしたのだけどGのまま終わらすのはいたたまれなくなり結局もう一回Pをやった。Gルート最初は結構辛かったけどだんだん楽しくなってきちゃったのが恐ろしかったです。

このゲームからプレイヤーが何を感じるかはそれぞれだと思うので本当にみんなにプレイしてほしい。実況動画とかで済ませてほしくないな。ちなみに俺はもう一生プレイしたくないです。あの世界はあのままにしておいてあげたい…。

それと新作(という位置づけでいいんだろうか)も楽しみですね。デルタルーン…。

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL

f:id:everyjirou:20181230095820j:image

スマブラァ!!!こないだ発売したばかり、大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALです。まーわかっちゃいたけどね、おもしろすぎですわ。

今作から初めてガチめにやっていこうと思い色々考えながらプレイしてます。皆で集まってやるのもオモロだし1on1でガチガチやるのもオモロなのすごすぎない?最高ゲーム。

メインではネスを使っていてこの間一瞬だけVIPマッチ行きました。すぐ落とされたけど。ネスは楽しいし、さらに詰めていけばもっと強く立ち回れそうなので頑張るぞ。MOTHER好きだから使っているというのもある。

それとガオガエンも面白いです。全然世界戦闘力高くなれないけどなんだか楽しい。上Bで復帰できなかった時の男らしさ、異常。それと単純にワンチャン力が高いのがいいですね。全身ロマン砲。あと全キャラで1番足が遅いのもかわいい。ガオガエンかわいいよ、最近1番好きなポケモンになっている。

あと一昨日くらいからパルテナも練習し始めました。あんだけキャラいたら色々触りたくなっちゃうよね。女性キャラ使ってみたかったというのもあるな。少年と獣だけじゃあ華がねェよ。まだちょっと触っただけだけど、間合い管理が重要なキャラだな〜という印象。何も考えないで爆炎出しちゃダメですね。それと何だか面白いテクニックもあるみたいなのでそれも練習しよう。実戦で使えるようになるかなー。

まだ発売からひと月も経ってないしもっと遊ぶぞ。灯火の星もまだクリアしてないしやらなきゃなー。後1年は遊べそうだ。

 

 

 

とまあ、こんなところですね!マジで2018年ゲーム大当たりだったな。2019年も楽しみだぜ。2019年とりあえず楽しみなのはスパロボTとドラクエ11Switch版。スパロボTはK以来のガン×ソード参戦に震えてます。ドラクエはどの作品もやったことないのだけど、11は面白いって聞くしSwitch版が出るというので、まあ良いタイミングかなと。他のドラクエもやってみたいぜ。みんなのオススメドラクエ、求む。

 

 

 

ここからはゲームあまり関係ないけど締めの挨拶をば。このブログもなんだかんだで結構続いてるな。アクセスはそんなに多くないけどね。でもなんか急にドカンと1日にアクセスが増えるときがあるんだよ。多分アマガミプレイ日記とかラブライブ!サンシャイン‼感想とかを一気に見てくれてるんでしょうね。感謝。来年もチマチマと続けて行くつもりなのでどうぞよろしくお願いします。新年一発目はサンシャイン劇場版感想とかになるかな〜。果たして………。

 

ということで!2018年もありがとうございました!また2019年でお会いしましょう!良いお年を!!!

 

 

 

 

 

おわり

まんがタイムきらら展と川井マコト先生のサイン会に行ったぞや!


f:id:everyjirou:20181124215617j:image

ぞや!

今日はアーツ千代田 3331で開催されていたまんがタイムきらら展に行ってきました!正直言うと、まんがタイムきららの作品は、ほとんど触れたことがないのですが、今回まあとある理由があり赴いたわけでございます。でもせっかくだし展覧会もちゃんと観ましたよ〜。

たしか着いたのは13:30くらいで、待ち時間0分で入場できました。前売り券は買ってあったし、そんなに混んでなくてよかった。Twitterで見たら時間帯によっては入場90分待ちとかあったみたいですね。

 

展覧会の内容

中に入るとまずまんがタイムきららの歴史が紹介されました。15年も続いてるらしいです。スゴ。昔の雑誌とかも展示されていて、最近のものと絵柄を比較できて面白かったですね。

 

次はいろーんな作品の書き下ろし漫画の展示。まんがタイムきらら歴代全ての作品かはちょっとわかりませんが、それでもかなりの数の作品がありましたね。やっぱり僕でも名前を知ってるような作品のところには人が集まってましたね。あと僕はやらなかったのですが、音声ガイドなるものがあり、それを聴くポイントもわりと人が集まってました。

最近のものもたくさんあったのですが、連載時期を見ると2011年くらいの作品とかもありました。これってファンはめちゃめちゃ嬉しいんじゃないですかね。好きな作品の新作が何年越しかに出る…、胸アツですね。

 

次は書き下ろしイラストのメイキング映像の展示。3作品のメイキング映像が観れました。僕は絵なんて全然書けないので何をしているのやらサッパリでしたがそれでもなぜか絵が出来上がってくのを観てスゲーという気持ちでした。めちゃくちゃ書き込んでるとことかもあって普通に見入っちゃいました。

 

次はまんがタイムきらら15周年を記念した特別映像の展示。50秒くらいだったかな?先程も書いたとおり、僕はまんがタイムきららの作品はほとんど知らないのですが、恐らくまんがタイムきららオールスターが次々に登場し、そして未来へ………、みたいな内容なんだと思います。でもこういうのって好きな人はめちゃくちゃ燃えますよね。だって要はスマブラでしょ?最高じゃんね。知らなくても普通に燃え(萌え)たので2回観ちゃいました。

 

次はアニメ化作品の展示。Blu-rayのパッケージと映像がぶわわっと展示されてました。いくつものモニターに可愛らしい女の子たちがたくさんいました。たくさん…。

 

次はまんがタイムきららファンタジアの展示。このゲームも僕はプレイしてないので、展示はかる〜く見たくらいでしたかね。キャラクターのパネルがあってその隣のボタンを押すとそのキャラクターが喋りだします。でもなんて言うんでしょうか、大の大人がボタンを押して女の子を喋らせてるって一歩引いて見ちゃうとちょっとシュールで奇妙な感じがしましたね。(?)

 

最後は撮影可のキャラクターパネルがあるコーナー。

f:id:everyjirou:20181124210536j:image

こんなふうにキャラクターたちが手に持ってる星みたいなのが実際に置いてあって、それを持って一緒に記念撮影できる感じでした。俺も一人じゃなければ撮ってたかもしれない。
f:id:everyjirou:20181124210657j:image

あとこの子、作品も作者の人も知らなかったけど可愛いですね。好きな絵柄。

 

とまあここまでで大体1時間くらい。ほとんど知らなくても普通に楽しめちゃいました。ファンならもっと楽しいんだろうな〜。多分1時間じゃ足りなそう。

 

川井マコト先生サイン会

これ!!!なぜまんがタイムきらら作品をほとんど知らない私めがこの展覧会に行ったのか!!!これが理由でした!!!まあタイトルにも書いちゃってるケド。このまんがタイムきらら展では作家さんのサイン会も行われているので(参加は抽選)、それに行ったわけです。

川井マコト先生は少し前までまんがタイムきららミラクで『幸腹グラフィティ』を連載しており、現在はまんがタイムきららで『甘えたい日はそばにいて。』を連載しています。僕はこの幸腹グラフィティが大好きで、今回この川井マコト先生のサイン会にダメ元で応募してみたら!見事に当たってしまったわけですね。ヒャッホウ!

当選メールの注意書きにイラストのリクエストはご遠慮願いますとか何とか書いてあったのでサインだけかと思っていたんですが、なんとイラストを付けてくれるとのこと!嬉しすぎる。キャラクターは町子リョウちゃん、森野きりんちゃん、椎名さん、内木ユキ先生の中から選べたのですが、悩みに悩んだ末、きりんちゃんでお願いしました。
f:id:everyjirou:20181124213703j:image

下のおにぎり口に入れてる子です。

 

サインは事前に購入した図録に入れていただく形式。恐らく50人くらい参加者がいた中で真ん中よりちょっと前あたりの整理番号でした。川井先生はひとりひとりに丁寧〜〜〜にキャラクターとサインを描いていらっしゃって、すごくいい人なんだな〜ということが伝わってきました。サカナクションもびっくりの丁寧さ。

てか目の前でイラストとサイン描かれるのめちゃくちゃ緊張しますね。描く方はもっとだろうけど。自分の番を待ってる時点で手汗ベトベトでした。それにしても本当に絵を描ける人っちゅうのは尊敬ですね。無から有が生み出されてる感………、すごかった。

宛名は本名にしたんですが、漫画家さんが描いたイラストの隣に自分の名前がある非現実的な感覚すごいですね。高揚がすごかった。超ニマニマしちゃったかも。

本当に素晴らしい時間でした。このサインが入った図録は宝物にします。え?なに?見たい?見たい?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも見せてあ〜〜〜げないっ!宝物だもんっ!!!!!

 

そのあとグッズ売り場に行ったのですが気持ちが高まりすぎていて元々買うつもりはなかった幸腹グラフィティのクリアポスター買っちゃいました。デカイよ〜。

 

幸腹グラフィティは大好きな僕も実は甘そばはまだ読んでいないのですが、今回のこれで決めました。単行本買って読みます。気になってはいたしね。楽しみだぜ。

 

 

 

ということで!今日したことでした。知らない色々に触れられたのと、初めてのサイン会でなかなかに濃ゆい一日だった。今日はとっても楽しかったね。明日はもっと楽しくなるよね。ね、ハム太郎

 

 

 

おわり

Aqours4thライブ2日目の感想

f:id:everyjirou:20181118215641j:image

でけーーーーー!!!東京ドゥームだーーーーーー!!!参加しましたAqours4thライブ。正式には『ラブライブ!サンシャイン!! Aqours 4th LoveLive! ~Sailing to the Sunshine~』の2日目に参加しました。現地やぞ!

前の3rdさいたまのときはICカード落としたり電車間違えたりしてあたふたしてましたが、今回は大丈夫。開場の2時間前には到着し、お目当てのグッズを購入。開場するまで連れの友達とブラブラしてました。

 

さあ開場して席確認。今回はアリーナではなくスタンド席だったのですが、わりと前の方かつステージを見下ろせる位置だったので、Aqoursをしっかり肉眼で捉えることができました。メットライフドームのアリーナでAqoursを観たときは米粒くらいの大きさだったのが、東京ドームではピーマンか人参くらいの大きさに見えましたね。トイレ行ったりする以外には特に何もせず、あっという間に開演時間。開演16:00だと早いね。

以下セットリストです。

 

1.君のこころは輝いてるかい?

2.Step! ZERO to ONE

3.HAPPY PARTY TRAIN

〜MC〜

4.少女以上の恋がしたい

5.青空 Jumping Heart

〜アニメ振り返りムービー① with オーケストラ〜

6.ダイスキだったらダイジョウブ!

7.Waku-Waku-Week!

8.G線上のシンデレラ(最高)

9.想いよひとつになれ 9人ver(最高…!)

〜MC〜

10.聖なる日の祈り

11.ジングルベルがとまらない

〜アニメ振り返りムービー② with オーケストラ〜

12.MY 舞☆TONIGHT(サイコー!)

13.待ってて愛のうた

14.未熟DREAMER

〜アニメ振り返りムービー③〜 with オーケストラ〜

15.WATER BLUE NEW WORLD

16.キセキヒカル with オーケストラ

〜MC〜

17.Awaken the Power(最高!!!)

〜MC〜

18.No.10

19.勇気はどこに?君の胸に!

アンコール1.未来の僕らは知ってるよ

アンコール2.WONDERFUL STORIES

〜MC〜

アンコール3.Thank you, FRIENDS!!

〜再アンコール&最後の最後の挨拶〜

 

ラブライブ!公式Twitterのツイートを一部参考にしました。順々に感想を書いていきます。

 

今回はAqoursが登場する前に、なんとオーケストラによるラブライブ!サンシャイン!!のメインテーマの演奏がありました。演奏は浦の星交響楽団の皆さん、指揮はアニメの劇伴を担当している加藤達也さんでした。カトタツと呼んでくれということらしいです。カトタツーッ!

オーケストラ&ムービーが流れている間、中央ステージに謎の幕が。そしてその中からAqours登場!いよいよ始まりました。

 

まずは『君のこころは輝いてるかい?』→『Step! ZERO to ONE』→『HAPPY PARTY

TRAIN』を続けて披露。視界良好だったので馬跳びもしっかり確認することができましたよ〜。Step! ZERO to ONEも久々に生で観れて良かったですね。そしてなんですかこのHAPPY PARTY TRAINとかいう曲!イントロが流れるだけで心が洗われるかのよう…。ドーム中がエメラルドグリーンになっているのも相まって、グッときますね。

 

お次はMC。自己紹介とかするいつものやつ。印象に残ってるのは小宮有紗さん。降幡さんの「ブッブーですわ!」に1000年早いとダメ出ししたり、諏訪ななかさんの自己紹介のときにカメラに映りこみ、カッと目を見開いたりとなかなかに目立ってました。

ちなみに加藤達也さんと浦の星交響楽団の紹介があったのもこのタイミング。カトタツーっ!

 

続いて『少女以上の恋がしたい』→『青空 Jumping Heart』。どっちも結構披露されている曲ですが、スタンド席から観るとまた違った発見がありますね。特に少女以上の恋がしたいの「抱きしめてっ抱きしめてっ♪」のとこの振り付け超可愛くないですか?可愛いですよね。

 

次は初の試みだと思うんですが、オーケストラの演奏と共にTVアニメの振り返りムービー。今回はちびキャラムービーはありませんでした。

ここでは1期が中心だったのかな?生オーケストラをBGMにアニメを観るってのもなかなかオツなもんですね。

 

次は学年曲。2年生曲がダイスキだったらダイジョウブ!だったのは空も心も晴れるからの全員verができたからですかね。

あとWaku-waku-week!の「まだね人生半歩目っ♪」の歌詞でなぜか泣きそうになってしまいました。この人たちは東京ドームでライブしてるのにまだ半歩目なのか…。

それはそうとこのパートの個人的最高ポイントはG線上のシンデレラ!!!本当に大好きな曲なので生で聴けて大満足です。セリフパートの「オーケストラで踊るダンスパーティとか?」の部分のときには「目の前にいるじゃん…。」と思いましたが。折角だから本当にオーケストラで踊ってほしかったぞ!(強欲)

 

次も最高ポイントなんですが、想いよひとつになれ、極みですねこれは。この世の極(ごく)。ステージにピアノが現れ、その前に逢田梨香子さんが座ったときは本当にドキドキしました。どうしても1st2日目のアレを思い出しちゃうじゃないですか。緊張感のある中始まった想いよひとつになれ。最初の千歌ちゃんパートが終わったあとのピアノソロの途中でなんと、逢田さんの手がピアノから離れました。もうこの時点でアワワワという気持ちになっていたんですが、流れ続けるピアノの音。????????

そう…っ!フェイク……っ!ピアノは………っ!

笑顔の逢田さん。そしてそのままステージへ降り、9人での想いよひとつになれがスタート。歌い分けのパートもダンスも9人の特別仕様でした。もう何も言えないですよこんなことされちゃったら。手首のシュシュとシュシュを合わせていく振り付けとかもうね、極み。

その後のMCの逢田さんの言葉にもウルっときちゃいました。9人でこの曲を歌うことが夢だったそう。やっぱり“9人”ってところが一番心にきますね…。

 

次はクリスマスシングルから2曲。これも久々に生で聴けたので嬉しかったです。聖なる日の祈りのランプの演出オシャレすぎない??暗闇の中で光るメンバーカラーのランプがキレイでした。

シングルベルがとまらないはAqours大好きパーティ曲。前の曲からの落差がすごい。俺もジングルベルに乾杯したいもんだぜ。

 

お次は再びオーケストラとアニメ振り返り。今度は2期がメインかな?懐かしのあんなシーンやこんなシーンに胸が熱くなりました。でも子どもダイヤ様が子どもルビィちゃんにキッスするシーンで「フウゥゥゥ!!!」とか言っちゃう会場ってどうなんでしょうね。

 

次は『MY 舞☆TONIGHT』→『待ってて愛のうた』→『未熟DREAMER』の3連チャン。それにしてもMY 舞☆TONIGHT、神。今回はなななんと!髪型までアニメ通り。f:id:everyjirou:20181119153526j:image

これになってたんですよ、最高では?もちろん他のキャストの皆さんも大胆にヘアチェンジ。花丸ちゃんの髪型とかつけ毛じゃないならめちゃくちゃ大変だろうな。

他の2曲はゆったりテンポだったし、わりとゆっくり衣装と髪型を見ることができて大変よろしかったです。未熟DREAMERとかはそもそもの衣装が和服チックだからまた違った印象になってて良かったですね。

 

次は最後のアニメ振り返りムービー。ラブライブ優勝までの軌跡を辿っていた感じに観えたんですがどうなんでしょうか。今回モニターが3つあって、左右2つにアニメ真ん中にオーケストラの映像って感じだったのでどっちを観れば良いのか迷っちゃいました。

 

次は『WATER BLUE NEW WORLD』→『キセキヒカル』。この2曲は凄かった…。曲自体ももちろん凄かったんですが演出が特に凄い。まずAqoursシップなる船が現れ、船上でAqoursがパフォーマンス。しかもその船、動くんです。Aqoursを乗せてズンズン進むAqoursシップ。中央ステージを突っ切って一番奥のステージへ。奥まで行ったところでWATER BLUE NEW WORLDが終わり、キセキヒカルへ。キセキヒカルはなんとオーケストラ伴奏!オーケストラはこの曲のためだったのか…!なんて贅沢な時間。しかもAqoursシップはスタンド席からわりと近かったのでめちゃめちゃしっかりキャストが観えました。小宮さんを基本的には追っていましたよ〜。

 

そして次のMC。Aqoursシップの紹介とカトタツ率いる浦の星交響楽団の皆さんへの労いの言葉が。サンキューカトタツ。ここで浦の星交響楽団の皆さんは退場。グッドな演奏をありがとうございました。

 

…とここで、スペシャルゲストがいるとのこと!ゲストったらねえ!あの2人しかいないでしょう!!カモーン!!!

 

ということで始まりましたAwaken the Power。やってきましたSaint Aqours Snow。Aqoursの9人はWATER BLUE NEW WORLDの衣装で踊っていたんですが、なかなかこの曲にもマッチしてましたね。

ンマーでもこの曲はブチ上がるというか何というか!ドームが震えてましたよ、多分。近所迷惑じゃなかったろうか?

次のMCではSaint Snowの2人もトークに参加。Saint SnowAqoursへ、わざわざ呼んでくれてありがとう、AqoursSaint Snowへ、わざわざ来てくれてありがとう。なんだこの感謝の応酬は。まるでテニス。

一応コーレスもありました。個人のやつではなく、「○○は〜?」「最高ーー!!」のやつ。俺は「よっこら聖良〜!」もやりたかったぜ。

 

Saint Snowが退場し、次は『No.10』→『勇気はどこに?君の胸に!』。いよいよ最後って感じの曲です。No.10、この曲は………沁みますね。我々のような有象無象を肯定してくださって…。僭越ながら、私めも最後「10!」と言わせていただきました。ありがとうございます。

そして勇気はどこに?君の胸に!でライブ終了。ユメ語るよりユメ歌おうもそうですけど、ED曲のパワーってこれなんなんでしょうね。終わりだけど悲しくなりすぎない。上げ終わりって言うんでしたっけ?すごく良いですよね。

 

Aqoursは退場しましたが、もちろんアンコールが始まります。掛け声が「アンコール」ではなく「Aqours」なのが印象に残っています。恒例になりそう。

あとブレードを「A」の形にしている人も結構いましたね。まあ俺は2本しかなかったのでできなかったんですけど…。

 

Aqoursコールを受け、再びAqours登場。『未来の僕らは知ってるよ』→『WONDERFUL STORIES』の流れで披露してくれました。来ると分かっててもね、テンションが上がっちゃうのよね!アンコールっちゅうのはね!にしてもWONDERFUL STORIES本当にいい曲ですね。アニメのAqoursが全て詰まっているような気がします。

 

曲が終わると新情報発表&最後のMC。新情報はもう………多すぎ!劇場版情報やらセンター総選挙やらアジアツアーやら5thライブやら紅白やら!!!理解できるかバカタレが!!!詳しいこたぁ公式サイトをチェック!!!

 

そして最後のMCへ。Aqoursの皆さんが1人1人語っていったわけですが、やはり皆さん東京ドームという大舞台への想いが強かったみたいですね。加えて再び東京ドームに帰って来たいという言葉も多く聞かれました。小宮さんの「きっと…、偉い人が見てる!」には笑いましたが。

しかしこう夢を形にしている人の言葉っていうのは刺さりますね。俺も頑張ろうという気持ちになる。

 

そして最後に『Thank you, FRIENDS!!』。さっきも書きましたが、もうこのライブは感謝の応酬。我々こそありがとうですよホントに。最後の最後にこの曲は…ズルいっすね。

 

ライブは終了しました。しかしAqoursが退場してからも鳴り止まないAqoursコール。その声を聴いてか、何とAqoursの9人が再び登場。会場のボルテージはマックスに。本当の本当のホントーーーに最後の挨拶をしてくれました。マイクをオフにして、肉声で、まさに“生”の「ありがとう」の声を我々に聴かせてくれました。なんだこれは!!!感情が爆発する。本当にありがとうAqours!!!これからも応援し続けます!!!!!

 

 

 

というわけで以上、感想でした。いんやーーー良いライブだった!セトリもかなーり俺としては大満足だったし、ドームの大きさでもしっかりとAqoursを見ることができたし、完璧だ。トロッコもあんなに近くで観れたのは初めてだったので感動。スタンド席にもアリーナ席にはない良さがありますね。

 

さて、まあこれからもAqoursを応援していくわけですが、まずはなんといっても劇場版でしょう!しかもセンター総選挙は劇場版を受けての投票開始ということで!果たしてどうなるか。黒澤ダイヤをセンターに、皆様、宜しくお願い申し上げます。

アジアツアーは正直厳しいかもしれんが5thライブには行きたいねえ。しかしまたメットライフドームか…。好きすぎでは?

まあ色々あるし、追っていくぞ!頑張るぞ!どりゃあ!!!!!!

 

 

 

 

 

 

愚痴

とまあいつもならここで おわり となるところなんですが、ちょっとだけ愚痴らせてください。いやまあこれはね?運の絡むことだから仕方ないといえば仕方ないのだけど…。

事の発端は開演直前、我々の席の後ろに二人組の(声的に恐らく)男性がやってきました…。

 

「えっ!?近くね!?」

「近いっすね!ヤバイっすね!」

 

わかる。我々の座っていた席はわりといい席。実際ステージもはっきり見えたしトロッコも近かった。ここまでは良かったのだが…。

 

「昨日恋アクあったんで、そこがHAPPY PARTY TRAINになるとかありそうっすね〜」

 

ん??????アーーーーーーキコエナイキコエナイキコエナイキコエナイ。初日は別用のためライビュにも行けていない俺。ネタバレは絶対に避けたい。そのためにTwitterも最小限にしてきたんだ。それなのにこんな形でネタバレはあんまりだ。なんとか聞かないようにする。

しかし開演してからも、

 

「昨日アニメとオーケストラ長かったっスよね〜w キツイっスw」

「おっこの曲きたから次は○○か〜」

「もう7時半!?あと1時間くらいッスね〜w 早くないっスか?」

「(アンコール待ち時に)みら僕楽しみだな〜」

 

 

やめろ!!!!!!!!バカ!!!!!!公演中に時計見るな!!!!!!!なんのために!!!!!!俺が!!!!!!ネタバレ回避してるのか!!!!!!!!!分かっとんのか!!!!!!ボケカス!!!!!!!!

他にも曲の合間などにちょくちょくネタバレらしきものを挟んでくるこの二人組。まじで勘弁してほしかった。しかも話している内容に批判が多い。いや、別に批判するなとは言わんけど!!!ただ!!!終わってからにしてくれ!!!

今まで特に変なコールとかで嫌な気持ちにはなったことはなかったんですが、初めてライブ会場でこういう気持ちになりましたね…。なるほど、2日目はこういう弊害もあるわけね…。

 

とまあ最後に愚痴っちゃったわけですが、この二人組のせいで-50だとしてもAqoursのパフォーマンスで+700兆なんで平気です。平気なんです!皆さんもネタバレにはお気をつけて…。最後の最後に失礼しました。それでは、さようなら〜〜〜!!!

 

 

 

 

おわり

スピナーでガチエリアX到達したので感謝のブログ

f:id:everyjirou:20181027165958j:image

やったぜーーーー!!!!スプラトゥーン2にてガチエリアのウデマエがXになりました!!!10月半ばくらいから急にモチベが上がって毎日せっせとウデマエを上げていたらようやく!ようやくここまで辿り着きました!チョー嬉しいですホントに。

Xになったので、俺と同じような迷える子羊たちになにか書きたいなと思ったのですが、「これをしたから勝てるようになった!」みたいなのってあまりないんだよな。あるのかもしれないが自覚できていない。単純にやる時間が増えたから上手くなったってだけかもしれないね。

ということで今回は感謝のブログ。自分をXまで連れて行ってくれたブキたちへの感謝の気持ちを綴りたいと思います。

 

・バレルスピナーデコ


f:id:everyjirou:20181027171401j:image

まずはこの男(男?)、バレルスピナーデコ。やはりスプラ1のときから使っていたので馴染み具合がダンチ。困ったときのバブルランチャーでエリア取り返し力が高いので助かりました。シールドで無理やり壁作って殴れるのもグーでした。メインの塗りも悪くなく、バブランの回転率も中々なのでスペ強とかスペ減とか積んでましたね。ショッツルとかマンタマリアとかによく持ってってました。サンキューバレデコ。

 

・クーゲルシュライバー


f:id:everyjirou:20181027172217j:image

突如彗星の如く現れたヒーロー。メイン強い+ジェッパ強い+ヒト速早い=クーゲル強い。なんだかんだでバレデコが1番っしょーとか思っていたけどこいつは結構どんなステージにも持っていけて非常に重宝しました。特にモズク農園での暴れぶりは異常。チャージ中もヒト速めちゃ早なので、チャージしながらスタスタして金網の上からスパパパパで敵が秒で消えてワロタ。短距離モードのおかげで急な会敵とかにも対応できて本当に強い。ただ俺はジェッパが下手くそピッピなのでジェッパ使ったらやられてエリア取られて逆転みたいな試合がいくつかあった。改善せねば…。

まだクーゲルには亜種が出てないのでそれも楽しみ。このブキジェッパ抜きにしても強いので亜種にもかなり期待してます。サンキュークーゲル。

 

 

やはり持ちブキが2つあるってのは良いね。ステージにも対応しやすいし、今日は調子悪いなーと思ったら持ち換えれるし。逃げ場所があるってのは安心感がある。

S+4とS+5の間をうろうろしたり、S+8とS+9の間をうろうろしたり、クアッドとかキャンピングシェルターとかにタイマン(^q^)されたりと、順風満帆ではなかったかもですがなんとかXに行けて本当に良かったです!

 


f:id:everyjirou:20181027173915j:image

これはX上がってそのまま10戦やった時の記録です。ちなみに8勝2敗。高いのか低いのかわからんので調べたらクーゲルのトップの人は2700以上ありぶったまげた。そこまでは行けないだろうけどまあX維持しつつチマチマガチパワー上げられれば良いなと思う次第でございます。まあタチウオエリアやらなきゃ大丈夫だろう…。

では、さよなら!!!

 

 

 

 

 

おわり