ラモ肉屋

ラモの肉の屋

内視鏡検査をした話

内視鏡検査をしてきました。この間お尻の病院に行ったという話を書きましたがそれの続きみたいな感じです。

前回同様ちょっと汚い話になるので嫌な方はそっ閉じしてくださいね。

 

 

経緯を説明すると、以前から血混じりのブツが尻から出るようになってしまいまして。そこで肛門科にかかって薬を処方してもらったのですが治らず、もしかして違うところの問題か?と思い消化器系の内科を受診しました。

これこれこういう症状が〜などと説明したら、内視鏡検査をしましょうと勧められました。内視鏡検査っつうのは端的に言えば尻に長〜〜〜いカメラを突っ込んで大腸の様子を見るって感じのやつです。

この検査はちゃんと予約が必要らしく、病院側の都合と自分の都合を合わせた結果、約1ヶ月後くらいに予約を入れました。

別室に通され詳しい検査の内容、前日にすること、下剤の飲み方などなど説明されました。このあたりで、「あっ、結構大掛かりなやつだ」と気づきました。

1ヶ月間は処方してもらったとりあえずの整腸剤を飲みつつ、普通〜に過ごしました。めちゃくちゃ辛いものとかは控えてたけどそもそも激辛系はあまり好きではないので…。

 

そして検査前日。次の日に下剤を飲まないと行けないのでお腹に優しいものを食べます。朝はパン、昼はうどん、夜もうどん…。うどんは美味しい。ありがとう丸亀製麺。でも若干飽きるぞ。

丸亀に感謝しつつ寝る前にイクラみたいな見た目の薬を飲み、床につく。

ちなみにこの日は誕生日でした。ご馳走が食べたかったよ。

 

検査当日は朝の7時から下剤を飲み始めます。前日に粉末状の薬と水を混ぜて作っておきました。この下剤2杯に対して水1杯をワンセットとし、飲んでいきます。味はなんか梅ジュースの偽物みたいな感じ。不味くはないけど特に美味くもない。それにしても下剤って本当に効果あるんですね。急にトイレに行きたくなるのでびっくりする。

4セットくらいしたところでほぼ完了。検査は午後なので昼飯も食べられない。けど水分はお腹に入れてたので空腹感はあまり感じなかったな。

 

時間になったのでついに病院へ。受付を済ませると別室へ通される。服を全部脱ぎ専用の服に着替えるよう指示されます。家以外の所で真っ裸になるのは何だか妙な気持ちですね。あとから気づいたけどこれは患者の服が汚れないようにするための配慮なのだと思う。

処置室に通されいよいよ検査が始まる。ベッドに横になり、まず点滴を打たれた。人生初点滴。点滴って打ったらめちゃくちゃ元気になるスーパーアイテムってイメージだったけど、そういうんじゃないのもあるんですね。鎮静剤とか大腸の活動を抑える薬とかそれの副作用を抑える薬とか色々打たれた。それらがどう働いていたのかは正直わからなかったけどまあ何かしらに作用していたんだろう。

横向きに寝るよう指示され、横を向くとそこにはモニターが。どうやらリアルタイムで中の様子を見られるようになってるらしい。それ俺に見せる必要あるか???なんでお医者さんってのはこう全部見せようとするんだ。そうしなきゃいけない決まりなのかもしれないけど。なんてなことを思いつついると、ついに挿入…………、

 

痛ッて!!!

 

びっくりした。入る瞬間こんなに痛いのかよ。痛みはしばらく続いたけど、ちょっと経つと気にならなくなってきた。痛みはないけど異物感がすごい。触○モノってこんな感じなのかな。ちゃんと確認できなかったけど、先生がラジコンみたいな感じで内視鏡の先っちょの方を操作してるっぽかった。大腸はまっすぐではなく所々カーブがあるため、そこでちゃんと曲がれるようになってるらしい。中でグネグネ動いてるのわかるよ〜〜〜。マジで○手モノじゃん。フィクションの中の人たちに同情の念が湧いてくる。

痛みはあまり無いと書いたけどやっぱりカーブの所とかで壁に当たると結構痛い。検査前に「痛いときは言ってくださいね〜」と言われてたので「痛いです」と言ったのだが、「あ〜痛いんだね〜^^」でそのまま続行。歯医者と同じやつじゃんかこれ。その後はもう諦めてたんだけど、1回だけマジでキツくて「ゔっ!」ってうめき声あげちゃったときは流石に一旦ストップしてくれた。人間本当にキツイときは言葉は出ないらしい。

奥に進んでるのか抜かれてるのかもう訳わからんくなってるうちに大腸の最深部に到達。内視鏡で見たところ大腸の最深部の辺りと出口に近いところに炎症ができてしまっているらしい。説明は後で良いからはよ終わってくれ〜〜〜という気持ちだった。

内視鏡っつうのはすごくて、中に挿れたまま細胞なんかも採取できるらしい。3~4箇所くらい細胞を採ってもらった。採られる瞬間はなんとなくプチッとした感覚があるので「あ、今採られたんだな」とわかる。俺はなかったけど腫瘍とかがあった場合は小さいものなら内視鏡で切除とかもできるらしい。テクノロジーすごすぎ。

細胞の採取が終わると内視鏡を全部抜かれてやっと終了。病院に着いてからここまででだいたい1時間くらいだろうか。点滴をつけたまま別室のゆったりしたソファ的なものに座らせられ、15分くらい休憩した。ビスコと温かい紅茶を貰ったけどこんな味気ないビスコは初めてだよ。

15分くらい経った後、先生からとりあえずの検査結果を聞く。やっぱり大腸の奥の方と出口のところに軽〜中程度の炎症が起きてしまっているらしい。どうやら潰瘍性大腸炎?というやつの可能性が高いらしい。安倍晋三と同じだよと言われた。知るかそんなん。

細胞を採取したのでもっと詳しい結果が2週間後くらいに出るとのこと。整腸剤と炎症を抑える薬を処方してもらって今日のところはとりあえず終了。

 

そして2週間後。また病院に行き検査の詳しい結果を聞く。やっぱり潰瘍性大腸炎というやつだったらしい。追加で薬を処方してもらい経過を見ることになりました。先生の様子を見るに、めちゃくちゃ深刻な病気とかじゃなさそう。とりあえずは良かった…かな?

 

とまあこんな感じで、内視鏡検査をした話でした。もう二度としたくないですね。大変だしほぼ1日がかりだし。あと検査代が結構する。検査だけで1万円くらいかかるし、薬代も結構するしでトータルで大体15,000円くらいかかってしまっている。まああんだけテクノロジー使ってるから当然といえば当然か。

重ね重ね、本当に疲れた。尻の穴は入口ではなく出口。それを強く感じた経験となりました。みんなも身体は大事にしようね!

 

 

 

おわり

この頃流行りの〇〇〇〇〇

久々の更新。いや〜そこそこに忙しくしていましたので…。嘘、本当は書く気が起きなかっただけ。Aqours5thのライブレポも書いてないけど、許せ!!!

 

今日はバーチャルYoutuber、いわゆるVtuberについて書こうかなと思います。

つい2ヶ月前くらいのこと、完全にVtuberハマってしまいました。Vtuberという雑なくくりをしてしまいましたが、正確に言えばにじさんじというVtuber集団にハマったという方が正しいですね。

以前からTwitterのタイムラインに情報が流れてきてたりしてたのでにじさんじの存在とかどういう集団なのかということについては一応知ってはいたのですが、いやはやこんなにハマるとは…。にじさんじを知らない方に向けて一応ざ〜っくり説明すると、要はバーチャルYoutuber事務所みたいなものです。UUUMみたいな。最初は本間ひまわりさんという方を見つけ、面白かったのでちょくちょく追うようになってたのですが、そこからコラボ配信やらYoutubeのおすすめやらを見ているうちにであれよあれよと言う間にズブズブと。この言葉を使うと非常に浅〜い表現になってしまうので嫌なのですが、これが沼というやつですね。なるほど理解しました。

色々見ていくうちににじさんじにどんどん詳しくなっていく自分がいる。恐らくにじさんじ所属ライバーの半分くらいは顔と名前が一致してしまっているのではないだろうか。でもなんとなく抵抗感を感じている自分もいて、例えば絶対に「てぇてぇ」という言葉は使いたくないと思ったりなどしている(※「てぇてぇ」は「尊い」の意。ライバー同士が仲睦まじい様子を見せたときなどに使われる)。なんというか、自分の言葉で喋れ!という気がしてしまうんだよな。まぁこの変に意固地な気持ちもいつか崩れてしまうかもしれないが…。

なぜハマってしまったかという理由を考えると、半年ほど前から絵を描く練習をし始めたのが大きい気がする。作業をしているとBGM的なものが必然的に欲しくなる体質だったらしい。そういう意味では生放送主体のライバーの多いにじさんじにハマったのはハマるべくしてハマったという感じだろうか。1年前くらいはバーチャルYoutuberにどこか怪訝な気持ちを持っていたのが嘘みたいだよ。

 

さて、折角だからちょくちょく見てるライバー紹介でもしようかしら。布教!…というほどでもないけどね。

 

本間ひまわり

f:id:everyjirou:20190626234824j:image

(画像は公式Twitterより)

https://www.youtube.com/channel/UC0g1AE0DOjBYnLhkgoRWN1w

にじさんじにハマるきっかけになった本間ひまわりさん。元気いっぱいで見てるこちらも元気になる。配信頻度が高く、ゲーム配信がメイン。かわいいんだ。一生懸命で、健気で、まっすぐに生きている姿が心に刺さる。キモータの感想やんけ!あと声がデカい。俺は声のデカい人が好き。

そうそう、この間初めてファンアートを描いたのだけど、本人からいいねを頂きとても嬉しくなった。本当に登録者数20万人越えおめでとうございます。今でもにじさんじ内で1番追ってる子です。

 

社築

f:id:everyjirou:20190713003806j:image

(画像は公式Twitterより)

https://www.youtube.com/channel/UCKMYISTJAQ8xTplUPHiABlA

ひまわりさんきっかけで知った方、社築(やしろきずく)さん。しゃちくとは読みません。社畜ではあるかもしれませんが…。社さんは気のいいオタクの先輩感が本当に良い。こういう先輩がいたら本当に楽しいだろうなと思う。俺は年上で物知りな人が好きなので社さんはドンピシャにタイプですね。知ってるネタも豊富で面白い。たまにあるラジオ配信を楽しみにしてます。

 

鈴鹿詩子

f:id:everyjirou:20190713004748j:image

(画像は公式Twitterより)

https://www.youtube.com/channel/UCwokZsOK_uEre70XayaFnzA

腐女子ショタコンで婚活中の歌のおねえさん、鈴鹿詩子さん。変に飾らず趣味全開フルスロットルの配信をしてくれて楽しい。話している内容はアレかもだけど好きなことについて熱心に語ってるのを聞くのは中々に良いもんですね。あとゲームが苦手でゲーム配信の時にオロオロしているのがなんだか微笑ましく感じます。

 

竜胆尊

f:id:everyjirou:20190713005431j:image

(画像は公式Twitterより)

https://www.youtube.com/channel/UCPvGypSgfDkVe7JG2KygK7A

鬼の女王、竜胆尊さん。ハッキリと書きます。見た目が好き。本当にかわいいしキレイ。配信頻度はそこそこだけどマイクラ雑談とか飲酒雑談とか、の〜んびり見れる配信が多いので作業用BGMとして流すことが結構多いですね。寝る前とかにも良く聞いてます。あと前述の詩子お姉さんとのコラボ配信はどれも面白いので、みんなで見よう。二人ともハジケている…。

 

 

 

とまあこんな感じでしょうか。にじさんじだけでなく他のVtuber団体にも目が行きつつあるのでちょっと恐ろしい。最近ホロライブという団体があることを知りました。どこまで深く潜るかは分かりませんがこの界隈、しばらくはチェックし続けることになるだろうなぁ…。

 

 

 

おわり

 

 

 

お尻の病院に行った話

本当は昨日の日記に書こうと思ってたのですが、ちょっと長くなるのとあと単純に書き忘れていたので別でこの話を書きます。あ、先に警告しておきますが今回のブログはわりと汚い話というか、下のほうの話が大半を占めるので嫌な方はそっと閉じてくださいね。

 

 

 

タイトルではお尻の病院なんて和らげてはいますが要は肛門科です。なぜ肛門科を受診することになったかというと、今年の3月末くらいから大きいほうのブツをしたときに紙に血が付くようになっちゃったんですよね。それでも毎日とかではないしまあそのうちに治るだろうと思っていたのですがなかなか治らなかったわけです。ある日気になってググってみたら出血の伴う便は痔によるものもあるのですが、なんと大腸がんによるものもあるらしく。流石にがんとなったらそりゃあビビりますよ。近場の肛門科を調べ、行ってきました。

まず受診表を書き、ちょっと待たされた後、診察室へ。症状はいつからとか、便秘・下痢してないですかとか、便の状態はどうですかなどを聞かれたので答えたあと、

「じゃあちょっとお尻見ますね~」

…きたか。いやでも受けてる科が受けてる科だし覚悟はしてました。おとなしくベッドに横たわりお医者さんのほうにお尻を向ける俺。なんなんだこれ。まじまじと俺のガーベラゲートが見られているのを感じる。はよ終わってくれ~。…などと考えていたら。

お尻に指が入ってきました。

!?!?!?!?!??!!?!!?なんだこれは。尻に強烈な違和感を感じる。お医者さんは「びっくりした?wごめんね~」みたいな感じだったけどびっくりするわそりゃ!しばらく突っ込まれたままぐにぐにされてました。ウーーー………。やっと抜かれたかと思ったら、今度はひんやりとした金属のようなものが入港してきました。グオーーーーーなにやら広げられているような感覚!気分はさながらペリーに開国を迫られた江戸幕府。(?)先生は看護師さんと一緒になにやら出ただの引っ込んだだの言ってましたがこっちとしたらもう何が何やらわからんちんだよ。されるがままにされているうちに、やっとこさ検査は終わりました。

まあ結論から言えば大腸がんではありませんでした。良かったぜ…。お尻の中の何とかというところに炎症ができてしまっていて、それが外に出ようとしちゃってるみたいな感じらしいです。ボラギノール的な軟膏とミサイルみたいな形の座薬を処方してもらいました。2週間くらい使えば基本的にはオッケーらしいです。もうお世話になりたくないのでしっかり使っていきたいと思う次第でございます。

 

ということで以上お尻の病院の話でした。本当にもう行きたくないですね。でもお医者さんも好きで人の尻に指突っ込んでるわけじゃないだろうし、なんなら申し訳ない気持ちまで湧いてきた。自分のためにもお医者さんのためにも、自分のお尻は大切にしようと思いました。しばらく辛いものは控えていこうと、思います!

 

 

 

おわり

お日記

お日記ですわ。最近のこととかを書きます。 

ゲームで言えばあれです、スーパーロボット大戦Tをやりました。スパロボT本当に面白かったな〜。参戦作品に好きなのが多かったのでやってて面白かったです。ガン×ソードトップをねらえ!ナデシコなどなど。クロスオーバーも多かったですね。アキトとヴァンの復讐コンビとかボトムズと楽園追放のあたりとか。原作知らないの結構あるけど面白かったです。

そうそう、オリジナルの人達も良かったな〜。女性主人公でやってみたんですが、いや本当に女性主人公にして良かったなと思いました。サギリ姐さん………。でも男性主人公にした友達は男性主人公にして本当に良かったと言っていたのでまあそれだけ面白いということです、はい!

戦闘ムービーに関しては良いとか悪いとか色々言われてるみたいですが、俺にはよく分からんですね。ただスーパーイナズマキック、あれは本当〜〜〜にカッコいい。「お姉様、あれを使うわ」って俺も言いてえ〜〜〜。(?) 

 

ということでスパロボTをクリアしたという話でした。今年に入ってからやりたいゲームだらけでせっせせっせとやっていたわけですが、なんとなく今その流れが消えちゃいましたね。ゲームしたいんだけどやりたい〜〜〜ってゲームはあんまりないかな。まあスマブラスプラトゥーン2をチマチマやっていくくらいかねえ。とりあえず次やりたいやつはキルラキルのゲームかドラクエ11Switch版ですが、何かオススメなどあれば教えてもらいたいですね。ゲームやりたいぞ〜!!!

 

そんな感じで今ゲームに使ってる時間がポッカリ空いちゃったので、昨日からカウボーイビバップ観始めました。スパロボで使ってたのとあと曲が良いな〜と思っていたので。いやーオープニングかっこよすぎませんか?曲と映像のマッチも良いしジャズっぽいのもカッコいいし。ゴールデンウィーク大した予定もないのでまあ休み中に観終わるかな?観たいときに観ていくぞ。人はみな山寺宏一石塚運昇林原めぐみの声を良いと思ってしまうのだ…。

 

まああとはお気に入りの配信者の放送とか聞きながら絵を描いたりしている感じですかね〜。絵を上手くなりたいぞ〜!これ前も言ってますね。結構飽きっぽい性格だと自分でも思っているんですが半年近くモチベーションが続いているのでちょっと驚き。なんてことを言ってると急にやる気なくなったりすると嫌だからやめときますか。あ、そういえば5月のコミティアは行けなくなっちゃいました。トホホ…。とりあえず描いていくぞ〜!という気持ちだけはある。気持ちだけで絵上手くなったらいいのに〜。

 

ということでこの辺にしておきます。何か思いついたことをそのまま書いた感じなのですごく読みづらいな。許せ。全然関係ないけど今人間関係的なところでず〜っと悩んでいることがあり、考えすぎてぬわーーっ!!となることが多々ある。でもこんなところで書いてもなんの解決にもならね〜〜〜〜。どうすればいいの?今日もぬわーーーーーっ!!という気持ちですね。

 

 

 

 

おわり

サカナクション、体験したか

俺はした。サカナクションの幕張ライブに行ってきました〜!正式には「SAKANAQUARIUM2019 "834.194" 6.1ch Sound Around Arena Session」の初っ端の公演ですね。いや〜〜〜ホントにすごかった!ホントにすごかったので感想を残しておこうと思います。興奮しすぎてて詳しいポイントとかは書けないかもですが!良ければ見ていってください〜。

 

まずなんですが、オタク系ライブじゃないライブってどうすればいいの!?!??!!?という問題がありました。何を隠そう、わたくしは大きい会場のライブはラブライブ!サンシャイン‼のAqoursのやつしか行ったことなかったのです。サカナクションのライブももちろん初参加だったので一抹の不安が。キンブレがいらないことくらいはわかってましたが、必須アイテムとかあったらどうしよう…。そんなことをオロオロと考え、とりあえずグッズ売り場でタオルを購入。何かフェス的なやつでタオルぶんぶん回すやつあるじゃん!という浅〜い考えでした。

 

まあライブが始まってしまえば上記のやきもきはすべて杞憂だったことがわかったんですけどね。特に必須アイテムとかなかったし。あれですね、大勢の人間が一堂に会し、1つの音楽でワーーーーっとなっているという、自分がライブというものに感じている本質的な魅力は変わらずそこにあったのでめちゃくちゃ良かったです。それに加えて今まで知らなかった世界を垣間見た感じがしました。

 

まずなんと行ってもこのツアーの目玉である音響!一般的なコンサートやフェスはステージ横に右と左のスピーカーがある2ch(もしくはそれに低音だけが出るスピーカーを加えた2.1ch)が多いみたいですが、今回はツアータイトルにあるように6.1ch!ステージ横にあるものに加え、会場の横と後ろにもスピーカーがあります。観客を取り囲むようにスピーカーがあるので前からも後ろからも横からも音が聞こえます。なんと合計すると300個以上ものスピーカーがあるらしいです。スゴ!曲の所々で使用されたり、コーラスが全方位から聞こえたりと非常〜〜〜にリッチな体験でした。音楽という海の中で泳ぐ魚のような気分。ちなみにリッチなのは費用も例外じゃないらしく、今回のツアーは全公演SOLD OUTしても6.1chのせいで赤字らしいです。みんな、ライブグッズを買おう!

 

それと今まで自分が観てきたようなライブでは曲の合間にMCが入って「今の曲どうだったー!?」とか「衣装どうー!?」とかやってたんだけど、サカナクションのMCは終わりの方にちょっとあったくらい。ほとんど歌いっぱなし演奏しっぱなしですよ。もちろん一旦引っ込んで映像を観る〜みたいな時間もあるんですがその時の音楽も中々に踊れるものだったり、そこから次の曲繋がったりしていたので、本当に公演中はずっと音楽を聴いていた感じ。切れ目がわからないというか、およそ2時間半の公演そのものが1つの作品のような、そんな感じでしょうか。不思議な体験でしたね。

 

いや〜ずっと「すげ〜〜〜!!!」という気持ちで観ながら聴いていたので正直セトリに沿って詳細に振り返ることができねえ!さて、どうするか……………。

………!

そう!明日もね!公演はあるのでね!ネタバレしちゃいけないからね!なんならこれはツアーだしね!詳しくは書きませんよーーーワッハッハッハッハッハッ!!!!!

………スミマセン、セトリとかちゃんと知りたい方は他の方のブログなりTwitterなりを漁ってみてください………。この記事はただの日記に近いものということで…。

 

 

さて、サカナクションのライブ初参戦だったわけですが、想像以上に楽しめました!好きな曲も聴けたし、そこそこに演者が見える位置だったし!それとさっきも書きましたが本当に音響がすごかった!一度体験してみる価値アリですねあれは。

サカナクションにハマったのはベストアルバムの魚図鑑がきっかけの自分ですが、これからまた色々追っていけたらなあと思います。とりあえずはアルバムの新作!楽しみやぞ!!

 

 

 

おわり